ちびログざっくり解説




いままでのちびログの話の流れをまとめさせていただきました。
流れがわからないという方や忘れてしまったという方参考によかったらお読みください。

またブログの方の漫画の更新が高校生編2の途中で止まっております。
データがなくなってしまっておりまた書き直し次第投稿させていただきます。
読みにくいところもあり申し訳ありません。
よろしくお願いします。

高校生編1


中学時代、たろちと同級生のちび。(たろちとは幼馴染)
話の流れでたろちと同じ高校に進学をする。

無事に高校に進学し、初めての夏休みをむかえる少し前に突然隣のクラスのたろちが派手な同級生をつれてうちのクラスにやってくる。

バンドの女性ボーカルがいないため加入してほしいとのこと。
そこにはのちに付き合うことになるポンの姿もあったが、ちびはドラムのじゅんくんのファンであった。
そのじゅんくんにバンドに誘われたため加入することを決意する。

安請け合いしたが練習は本格的で迷惑をかけてしまうちび。
そこで目をかけてくれたのがぽんだった。
ぽんのおかげでなんとか文化祭を乗り切ることができた。

緊張が解け、おもわずじゅんくんに告白するが振られるちび。
複雑なようすのぽん。

その後、ちびはぽんから呼び出され告白を受ける。

初めは受けるつもりはなかったが、そのまっすぐな告白に絆され付き合うことになる。

高校生編2

付き合うことになったぽんとちび。

しかし、まこちゃんというぽんのことが好きな女の子とぽんとの関係が気になる。
どうやら泊まりであそんだりしているようだった。
他にも女の子との噂の絶えないぽん。

友達と帰ると、あいつと付き合うなんていい度胸をしている。と声をかけられる始末。
自分の中でも何か違うような気がしてしまう。

そんなときたまたまたろちと帰りが一緒になる。
お前があいつと付き合うなんてな。といつものように会話しながら下校するが、何か言いたそうなたろち。
告白されるのか?と思ったが
彼女ができた、という報告だった。

そのときちびの中で何かに気づいてしまう。

そんなおり、学校で大きな喧嘩を起こしてしまうぽんとたろちたち。
ちびのぽんへの不信感が膨らむ。
さらに駅で出会ったぽんはまこちゃんと共にいた。

思わず怒ってしまうちび。
このまま多分はぐらされるのか別れるのかと思っていたが

ちびの真剣さに気付き、ぽんは真摯に向き合ってくれた。

そこでぽんがジャニーズオタクであることを知る。
まこちゃんとはそのつながりで仲がいいとのこと。

しかしまこちゃんはぽんのことが好きであることもありそれはおかしいと反論する。
反省するぽん。
ぽんは本気の無神経だった。

気づいてほしい、やわかってほしい、では通じない人間であることを知る。

ぽんは単純でバカでまっすぐな人間であり、でもそのぶん素直で、ちびを大切にしてくれることを誓う。

ぽんとまこちゃんは仲が良かったものの本当にやましい関係はなかったようだった。
SNSの投稿にはまこちゃんの日記が載っておりそれを見て気づいたぽん。

まこちゃんとの中途半端な関係は、私を傷つけていただけでなく本当に傷つけていたのはまこちゃんだったのだ。

大学生編1


大学進学後、距離ができていたぽんとちび。

そんな折、たろちからちびにご飯のお誘いが来る。
ごはんくらいなら、と二人で出かけることになるがそれはたろちの罠だった。
結局繁華街で遊び、たのしいデートをしてしまうことになる。

帰りすがら何かを言おうとするたろちだが結局そのまま帰宅。
しかし、たろちから電話がかかってきた。

「やっぱお前のこと好きだわ」

と伝えられ戸惑うちび。

答えは少し待ってもらうことになった。
後日研究室に現れたたろち。
ちびは告白を断る。

その後、ぽんから連絡が来る。

大学生編2

お金を貸してほしいと頼みに来たぽん。
しかしなにやら様子がおかしい…

過去の恩があり金を貸すことを決意するちび。

話は高校時代に遡る。

おのおの進路について悩み始める1年の秋。
学年で一人だけ就職を希望するちび。
不審がるぽん。

ちびが就職を考えていたのは家庭の事情があった。
ある事情から家庭の様子が一変してしまったちび家は崩壊寸前だった。

あまりのつらさにこの家から逃げだしたいと思いつめていたちびの元にぽんが駆けつける。

<つづく>

というわけで本編もよろしくお願いいたします!